2016年11月14日月曜日

11/19 特別レクチャーのご案内

カリフォルニア大学サンタバーバラ校 メディア・アート技術研究大学院プログラム教授Marcos Novak氏のレクチャーを開催します。ぜひ皆さまお誘い合わせの上、ご参加ください!

講演者:Marcos Novak

日時:2016年11月19日(土) 18:30~20:00

会場:東京大学工学部1号館 15号講義室



2016年11月4日金曜日

11/15 特別レクチャーのご案内

オーストラリアの著名建築家、John Wardle氏のレクチャーを開催します。
ぜひ皆さまお誘い合わせの上、ご参加ください!

講演者:John Wardle

日時:2016年11月15日(火) 18:30~20:00

会場:東京大学工学部1号館 15号講義室





2016年9月21日水曜日

「代々木屋内競技場を世界遺産にする会」発足


9月21日東大工学部11号舘ホールにて、「代々木屋内競技場を世界遺産にする会」発足に関する記者発表会が行われました。
「代々木屋内競技場を世界遺産にする会」発足に関する記者発表会プレス資料は以下よりダウンロード可能です。

2016年7月19日火曜日

8/22 Sustainable City Design for Tokyo Olympics & Paralympics 2020 展示会・シンポジウムのご案内

東京大学T_ADS/Sustainable Prototyping Labと小松精練株式会社が共同で、
「東京オリンピック・パラリンピック2020に向けた都市環境のアイディア」と題し、
東大の学生による木とカーボンファイバーのキオスクの展示会、及びシンポジウムを行います。
先端テクノロジーと環境、都市に木の建築をつくることの意義、都市緑化などについての対談も行います。
参加無料、パーティを含めどなたでもお気軽にご参加いただけます。ぜひ皆さまお誘い合わせの上、ご来場ください!

■日程     8月22日(月)

■展示会 14:00-19:30 @工学部1号館2階 製図室

■シンポジウム「素材-都市-環境-オリンピック」 16:00-18:00 @工学部1号館15号教室
              涌井史郎(造園家・東京都市大学特別教授)
              菊川怜(女優)
                隈研吾(東京大学教授)
                小渕祐介(東京大学准教授)

■パーティー・学生コンペ表彰 18:15-@工学部1号館2階 製図室


2016年5月30日月曜日

6/1 特別レクチャーのご案内

建築業界におけるコンピューター技術の応用に特化したコンサルティング会社、Syntegrateのディレクター、Lionel Lambourn氏のレクチャーを開催します。
ぜひ皆さまお誘い合わせの上、ご参加ください!

講演者:Lionel Lambourn (Syntegrateディレクター)

日時:2016年6月1日(水) 18:30~20:00

会場:東京大学工学部1号館 15号講義室



2016年4月11日月曜日

4/16 Symposium: Public Interest Designのお知らせ


Symposium: Public Interest Design
「デザインが世界を変える 世界がデザインを変える」

近年ソーシャルデザイン、コミュニティデザインという言葉をよく耳にするようになりました。建築教育においても、コミュニティとの協働によるデザインのあり方が模索されています。本シンポジウムでは、大学教育にコミュニティデザインの実践を取り入れた第一人者であるセルジオ・ パレローニ氏をお招きし、日本のコミュニティデザインの旗手山崎亮氏、建築家の隈研吾氏を交え、コミュニティにデザインの最前線を見出す動きについて考えていきます。

-詳細-
開催日時:2016年4月16日(土) 17:00-20:00 (開場16:30)
会場:東京大学本郷キャンパス工学部1号館15号講義室
申込み:不要(先着順受付・定員150名)

登壇者:
・セルジオ・パレローニ
(Center for Public Interest Designディレクター・ポートランド州立大学芸術学部建築学科教授)
・山崎亮(studio-L代表・東北芸術工科大学芸術学部コミュニティデザイン学科教授)
・隈研吾(東京大学大学院工学系研究科建築学専攻教授)
・岡部明子(東京大学大学院新領域創成科学研究科社会文化環境学専攻教授)
・清家剛(同専攻准教授)

主催:東京大学大学院新領域創成科学研究科
協力:同大学院工学系研究科建築学専攻T-ADS


Symposium: Public Interest Design
A certain type of design practice called social design, public interest design, or community design is rapidly growing. Even in the field of architectural education, community engagement is becoming a major concern.
Having Sergio Palleroni, a pioneer of public interest design who brought community-based practice into architectural education, Ryo Yamazaki, a leader of community design in Japan and Kengo Kuma, Japanese leading architect, the emerging design practice with community will be discussed in the symposium.

Date: April 16th, 2016, 5-8p.m. (Open 4:30p.m.)
Place: Lecture Hall 15, Engineer Building 1, the University of Tokyo Hongo Campus
Lecturer/Panelist:
- Sergio Palleroni (Director, Center for Public Interest Design / Professor, Portland State University)
- Ryo Yamazaki (Director, Studio L / Professor, Tohoku University of Art and Design)
- Kengo Kuma (Professor, the University of Tokyo)
- Akiko Okabe (Professor, the University of Tokyo)
- Tsuyoshi Seike (Professor, the University of Tokyo)


2016年4月4日月曜日

4/9 特別レクチャーのご案内

2015年ミラノ国際博覧会の英国パビリオンのデザインを手掛け、
ベストパビリオンを獲得したアーティスト、Wolfgang Buttress氏のレクチャーを開催します。
ぜひ皆さまお誘い合わせの上、ご参加ください!

講演者:Wolfgang Buttress

日時:2016年4月9日(土) 19:00~20:30

会場:東京大学工学部1号館 15号講義室