2014年6月13日金曜日

6/20 Toward Tokyo Olympic & Paralympic 2020 展示会・シンポジウムのご案内

東京大学SPLSustainable Prototyping Lab / 小松精練株式会社が共同で、「東京オリンピック・パラリンピック2020に向けた環境デザインのアイディア」と題し、東京大学で作成した100の都市緑化に関するアイディアの展示会及び記念シンポジウムを行います。小松精練株式会社の開発している環境材料や、隈事務所の施工事例なども展示いたします。参加無料、パーティを含めどなたでもお気軽にご参加いただけます。ぜひ皆さまお誘い合わせの上、ご来場ください!

■日程
 6/20(金)


展示会 16:0021:30 @工学部1号館4階 T_ADSスタジオ(展示は7/4まで)


シンポジウム 18:3020:30 @工学部1号館15号教室
 特別講演 : 赤池学(科学技術ジャーナリスト)
 特別対談 : 平田竹男(内閣官房参与/内閣オリンピック・パラリンピック推進室長)
           隈研吾(東京大学教授)
       司会 : 小渕祐介


パーティー 20:3021:30 @工学部1号館4階 T_ADSスタジオ



2014年5月28日水曜日

6/6 Richard Pare 特別レクチャーのご案内

建築分野を中心とする写真家Richard Pareを招き、特別レクチャーを行います。
ぜひ皆さまお誘い合わせの上、ご参加ください!

 講演者:Richard Pare (写真家)

日時:2014年6月6日(金) 18:30~2000

会場:東京大学工学部1号館 15号講義室



2014年4月17日木曜日

4/18 Seng Kuan 特別レクチャーのご案内

戦後の日本建築の研究家でもある、Seng Kuanを招き、特別レクチャーを行います。
ぜひ皆さまお誘い合わせの上、ご参加ください!

 講演者:Seng Kuan ワシントン大学(セントルイス)/建築史・助教)

日時:2014年4月18日(金) 18:30~2000

会場:東京大学工学部1号館 15号講義室


2014年3月11日火曜日

3/12 Ross Lovegrove 特別レクチャーのご案内

世界的に有名なプロダクトデザイナーRoss Lovegrove氏を招き、特別レクチャーを行います。
ぜひ皆さまお誘い合わせの上、ご参加ください!

 講演者:Ross Lovegrove イングランド出身・プロダクトデザイナー)

日時:2014年3月12日(水) 15:001630 

会場:東京大学工学部1号館4階 ADS Studio (Room 415)


2014年2月27日木曜日

2/28 Rachaporn Choochuey特別レクチャーのご案内

Rachaporn Choochueyさんはタイの若手女性建築家で、

チュラローンコーン大学を卒業後、コロンビア大学で修士号、東京大学で博士号をとり、

現在はタイを拠点に設計事務所を共同主催しつつ、チュラローンコーン大学で教鞭を取られています。
ぜひみなさまお誘い合わせの上、ご参加ください!
(※講評会当日は審査員として参加いただきます)


■講演者:Rachaporn Choochueyチュラローンコーン大学)


■日時:2014年2月28日(金) 17:3019:30


■会場:東京大学工学部1号館 15号教室



2014年2月10日月曜日

2/15 Design Education and Societal Engagementのご案内


ハーバード大学GSDディーン Mohsen Mostafaviを招き、特別レクチャーを行います!

ぜひみなさまお誘い合わせの上、ご参加ください。


■講演者:Mohsen Mostafaviハーバード大学GSDディーン)


■日時:2014年2月15日(土) 17:001900


■会場:東京大学工学部1号館 ADS Studio (Room 415)


2013年11月29日金曜日

12月1日(日)工学部一号館15号教室にて2つのシンポジウムを開催!!

展覧会関連シンポジウム:「Infinite Potentials of Making Problems」
日時: 12月1日(日) 13:00 – 15:00
場所: 工学部1号館15号教室
登壇者: 隈研吾(東京大学教授)、小渕祐介(東京大学准教授)、大林組プロジェクトチーム、
竹中司(アンズスタジオ)、木内俊克(東大プロジェクト担当)、学生代表
モデレーター: 山梨知彦(日建設計)



特別シンポジウム:「Architectural Theory Now:これからの建築理論」
主催:東京大学大学院建築学専攻 Advanced Design Studies
企画:東京大学大学院建築学専攻 Media Initiative Lab
日時: 121日(日) 17:00 – 19:30
場所: 工学部1号館15号教室(定員113名先着順(整理券配布)、別室にて中継予定)
ゲスト: 槙文彦、磯崎新、原広司
モデレーター: 隈研吾(東京大学教授)

開催趣旨
主に1990年代以降、グローバリズムやコンピューター技術発展の波に乗り、さまざまな建築をつくる「実験」が世界中で行われてきました。しかし、その波も一段落したと考えられる昨今、これからの建築はどのようにあるべきでしょうか。本シンポジウムは、建築の実践と理論の両面で活躍しつづける三名の建築家――槇文彦氏・磯崎新氏・原広司氏――を招き、建築の可能性を考える「建築理論」について問い直しながら、これからの建築、そして教育について考えます。